2017年12月7日木曜日

「やる気スイッチ」は「押す」ではなく「入る」もの

「やる気スイッチ」は「押す」ではなく「入る」もの
- この本によれば、激しい夫婦喧嘩(面前DV)や離婚など、幼少期に逆境を数多く経験した子どもが、がんや心臓病にかかる確率は2倍、アルコール依存症になる確率は7倍になるという。幼いころから数多くの「闇」を見聞きすることで、脳神経の「闘争・逃走反応」が発達し、ささいなことで深く傷ついたり、過度に敵対的になったり ...