WebDesktop - Smartphones - Tablets   | 日本語 ( JP - Japanese ) | Keeping up-to-date on social exclusion worldwide | 日本語 - PRESS REVIEW about social exclusion : Poverty | Health | Elderly | Children | Education | LGBT | NON-PROFIT initiative : Our mission is to provide the best information on social exclusion worldwide || Raising awareness on the damaging effects of social exclusion

STIGMABASE | 検索

2017年5月17日水曜日

英紙サン、「人種差別」コラムで物議のコラムニストの契約打ち切り

英紙サン、「人種差別コラムで物議のコラムニストの契約打ち切り
- 問題になったのは、イングランド・プレミアリーグのエバートンに所属するサッカー選手で、祖父がナイジェリア人であるロス・バークリーを、動物園のゴリラと関連付けたコラム。人種差別的だとの批判を浴びたこのコラムが問題となり、4月15日にマッケンジー氏は「出入り禁止」となっていた。
マッケンジー氏は1981年から94年までサンの編集長を務め、人々の記憶に残る紙面を作ってきた。その内容は率直でおもしろいと支持する読者がいる一方で、やみくもな愛国主義、粗野で軽率などと批判されることも多かった。