2017年3月20日月曜日

認知症などの早期発見につながる新しいシステムの提供開始

認知症などの早期発見につながる新しいシステムの提供開始
- 株式会社NTTデータアイと日本光電工業株式会社は、「脳波解析システムNATESAS(R)」を、2017年4月より全国の医療機関に向け提供開始すると発表しました。
両社が開発したこのシステムは、脳波データを用いて脳の活動状態をカラーマップや数値によって可視化することが可能です。脳活動に関連する病態を診断する医師は、可視化されたデータによって脳活動の状態が把握しやすくなります。
さらに、このシステムでは脳疾患患者群と健常者群の脳活動情報の特性をデータベース化しており、そこから導き出される類似性評価結果などの情報も提供されます。これにより、アルツハイマー型認知症などの早期発見に結びつくことが期待されています。