2017年3月20日月曜日

イラン外務省報道官、「アメリカには人権侵害政権を支持しないことは期待できない」

イラン外務省報道官、「アメリカには人権侵害政権を支持しないことは期待できない」
- アメリカ国務省は、バーレーンの2人の政治活動家に対する制裁を発表し、再び、イランに対して根拠のない非難を行いました。
イルナー通信が18日土曜、伝えたところによりますと、ガーセミー報道官は、イランがテロを支援しているとする主張は、完全に政治的なものだとし、「アメリカは、短期的な利益のために、他国に根拠のない非難を浴びせるべきではない」と語りました。
また、「イランは、テロとの戦いとその根絶に向けた協力という政策を遵守していく」と強調しました。